バンコク プミポン前国王の火葬施設一般公開

DSCN9683

王宮を出て、歩いて行きます。こちらは王宮へ向かう人達の列です。

DSCN9684

王宮の近くの広場になにやら建物が建っていました。

こちらの広場です。

王宮前広場のプミポン前国王の火葬施設が11月2日から12月末まで一般公開されていました。

DSCN9687

名前と国籍を記帳すると中に入ることができました。
中は広い待合所になっていました。この頃は期間の後半だったので人が少なかったのですが
最初の頃はここが一杯になるぐらいの人が来たのだと思います。

DSCN9686

入り口でサンドイッチと水が配られました。

DSCN9690

待合所を抜けて進むとこんな風景が。お米が植えてあるようです。

DSCN9691

左側には大きな建物がありました。
火葬場の模型を展示してある建物、火葬場にある像の複製を展示してある建物などがあります。

DSCN9697

こちらの正面の建物がメインです。

DSCN9701

高さは50.5メートルもあるそうです。

DSCN9704

周りには池がありいろいろな動物の像が配置されています。
天国を模しているのかな?霞のような煙もたちのぼっています。
普通の象だけでなく魚の尾ひれを持った象もいます。

DSCN9707

こちらには神話に登場する神々がいます。

DSCN9709

反対側です。この中央の一番高い塔の中に遺体が安置されていたようです。

DSCN9712

音楽が奏でられていました。

DSCN9751

火葬式の写真、プミポン国王の偉業について書かれた冊子が出口で配られました。

DSCN9714DSCN9716外でも振舞いがあったので頂きました。

一般公開が終わると、建物は解体されるそうです。

どれか1つクリックお願いします。
 にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました