ベツレヘム観光その1@パレスチナ

uu

日帰りでパレスチナのベツレヘム観光へ行きます。
この地図では点線でイスラエルとパレスチナが分かれているようです。

ii

ダマスカス門近くのバスターミナルから、ベツレヘム行のバスに乗ります。

P1110354P1110355
宿からバスターミナルまでは歩いて15分ぐらい。
ヘブライ語表記だけでなく、英語も併記されているので安心です。

P1110356P1110357
カッコいい建物が沢山ありましたが、建物には英語で書いていないので何かわからなかったです。
ダマスカス門の近くはイスラム教徒がたくさん住んでいる地域のようです。

P1110573P1110414
何本かのバスがベツレヘムまで行きますが、21番のバスが便利なようです。値段は8ILS(230円)。
他のバスはチェックポイントで降ろされてしまいますが、21番のバスはベツレヘムの中心まで行きます。

P1110358P1110360
バスからの風景。エルサレム近郊を抜けると、後は荒野が続く感じでした。

P1110362P1110364
イスラエル側とパレスチナ側の境目なのか鉄条網グルグルのところも。

P1110413P1110370
バスの終点で降りると、沢山のタクシー勧誘が…。
「生誕教会まで7キロもあるから歩いて行けないぞ」とか嘘ばかり。
アンマンでもそうだったけど、「バスはもうない」とか簡単にバレバレな嘘をつくのには閉口です。
嘘をついた人のタクシーに乗りたいと思う人なんていないんだけどな。その辺がわかってないのかな。

地図も持ってるし、1キロちょっとしかないのはわかってるので無視して進みます。

と思ったら道を間違えてしまいました。バスから降りたらバスの進行方向にそのまま進むと
左の写真の交差点にくるので、左に行くのが正しい道です。
間違えて右に行ってしまった!何やってるんだか。右の写真の坂の方向は逆方向です。

P1110366P1110367
逆に進んでいるとは気が付かないまま、近くにあった大きめなスーパーへ。
パレスチナはイスラム教徒の国なので、売っているものがマレーシアで見たものが多かったです。
ハラルマークもちゃんとついています。

P1110368P1110369
これはハラルに関係ないけど、ひよこ豆のペーストに色々な味をつけたもので
エルサレムでもたくさん売っていました。

P1110371P1110372
こちら側にも教会が沢山ありました。

P1110373P1110374
タクシーもたくさん来ていたので、有名な教会も沢山あるのかも

P1110376P1110377
庶民的そうなお店があったので、ここで昼食。大きなチキンと付け合わせにさっきのひよこ豆のペーストや
ニンニクのペーストなどなど。それに大きなパンが袋一杯。チキンは焼き立てで美味しかったです。
値段は80ILS(2296円)でした。先に値段を聞かなかったからちょっと高くてびっくり。
でも、帰り道でみたファーストフードのチキン屋でフライドチキンのセットが35ILSぐらいだったから
適正なのかも。
パレスチナはイスラエルより安いと言われているけど、やっぱり結構高いなぁ。

私たちには量がかなり多かったので半分はお持ち帰りに。二人で二食分だったからやっぱり安いか。

食事前に聞いたらタクシーの人が生誕教会まで10ILS(287円)で連れて行ってくれると言ったのに
食事が終わってから乗ろうとしたら「ここから7Km(またかよ!)もあるから30ILS(861円)だ」
とか言い出したので、さようなら。歩いていくことにしました。来た道を戻るだけだから簡単だし。

道は間違えちゃったけど色々見れたから、結果オーライということで。

どちらかクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

Sponsored Link

スポンサーリンク

関連コンテンツ
24.イスラエル25.パレスチナ
スポンサーリンク
カメとヒヨコの海外ロングステイ

コメント

タイトルとURLをコピーしました