マサダ観光@イスラエル

tt

エルサレムからバスでマサダと死海に行きます。イスラエルのバスはここで検索できます。

Timetable 2014-12-01 15-45-32検索結果。
エルサレムからマサダへのバスは486番で、
8:00 9:00 9:30 などにあります。
マサダまでは1時間40分ぐらい。
バス代は44ILS(1263円)でした。
ネットで往復を買うと20%割引らしいですが
ヘブライ語のみなので、かなりハードル高し。

P1110419P1110525
8:00のバスに、バスターミナル4番から乗ります。
バスターミナルに入るときの荷物検査はありませんでした。
イスラエルのバスは、緑色のちょっとカッコいい感じです。

P1110422P1110424
エルサレムを出てしばらくすると、死海が見えてきました~ 海岸線にはヤシの木が植えてあるところも。

P1110426P1110428
左側は死海、右側は岩山です。

P1110430P1110431
バスは死海のすぐそばを通って行きます。

P1110434P1110435
ヤシの木が枯れてしまっています。こんなに暑い砂漠のようなところでは植物も大変だな。

P1110437P1110438
写すのが遅れてあまりうまく写らなかったけど、エイン・ゲティスパです。
死海に入るには、ここのようなスパに行くか、公共のビーチに行くのが一般的です。
たまに適当なところから入っている人もいましたが、地元の人ぐらいだと思います。

P1110439P1110444
マサダが近づいてきました。岩山の形が面白いです。

P1110445P1110446
マサダに到着。左の写真の建物がビジターセンターです。

P1110448P1110450
ビジターセンターからの風景。向こうに見えるのが死海です。

P1110452P1110453
夜はライトアップされるようです。ここからケーブルカーに乗ります。
歩いて登ることも可能ですが暑いし凄い急なので、ケーブルカーで往復します。
死海に行く時間も必要だし。往復76ILS(2181円)、片道57ILS(1636円)。
歩いて登る場合も入場料29ILS(832円)が必要です。

P1110454P1110455
ビジターセンターにあった模型です。マサダは紀元70年にローマ軍に追い詰められたユダヤ人が
最後に立てこもった場所です。この後2000年にもわたるユダヤ人離散の歴史が始まりました。
現在はイスラエル軍入隊宣誓式が行われています。

P1110456P1110458
ケーブルカーで登っていきます。

P1110457P1110460
死海が良く見えます。

P1110462

このロープウエイは凄い岩場に付いています。二年以上もローマ軍の攻撃に耐えられたのもわかるぐらい。
ここを攻めるのは本当に大変そうです。

P1110466P1110467
ここは司令官の家の跡らしいです

P1110470P1110472
死海が二つに分かれているとは知らなかったです。
黒い線はここまで遺跡で、その上は復元なんだと思います。

P1110475P1110478
要所要所に模型があり、わかりやすくなっています。

P1110484P1110485
崖の下にも建物があるそうですが、上からはわかりません。

P1110486P1110491
階段がありましたが、この距離じゃ見に行ったら疲れて戻ってこれなそう

P1110496P1110487
崖の向こうに観客席のようなものがあります。

P1110506P1110497
ライトらしきものもあるので、これが夜のライトアップなのかな?

P1110504P1110505
ここはシナゴークの跡みたいです。

P1110507P1110508
結構広いところですが、約1000人が立てこもるには狭そうです。

P1110510P1110509
最終的にローマ軍はこの崖の下から塔を作って攻撃したそうです。

P1110511P1110516
周りもすべて岩山です。向こうには死海が見えます。

P1110520P1110519
10月なのに凄く暑かったので、水分補給は重要です。給水機があるので、安心です。

どちらかクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

Sponsored Link

スポンサーリンク

関連コンテンツ
24.イスラエル
スポンサーリンク
カメとヒヨコの海外ロングステイ

コメント

タイトルとURLをコピーしました