ベツレヘム観光 その2@パレスチナ

P1110413P1110378
振出しに戻って、生誕教会を目指します。坂を登っていくと、道の両側に小さなお店が並んだ道に出ます。

P1110379P1110380
進んでいくと、石畳の旧市街に入ります。

P1110381P1110382
教会がどんどん現れます。右の写真は聖マリア教会です。

P1110383P1110384
メンジャー広場に到着。正面の建物が生誕教会です。入口は正面ではなく、左端の小さな扉です。
「謙虚のドア」と呼ばれていて、小さいので、身を屈めないと入れません。
茶室みたいですね。そこまで小さくないけど。
入場は無料でした。団体客に当たってしまうとちょっと並ぶかもしれません。

P1110385P1110386
中は工事中でした。

P1110387P1110388
生誕教会はその名の通り、イエスが生まれた場所に建つ教会です。
生まれた場所は、地下洞窟とされています。
階段を下りてその洞窟へ。ここでは喋ってはいけないそうです。

P1110389P1110391
この祭壇の下がイエスが生まれた場所です。写真撮影OKなのですが、何せたくさんの人で全然撮れない。
おじさんのカバンが邪魔ですが、床に星のマークがあります。そこが生誕の場所をあらわしています。

P1110392P1110394
祭壇の上と教会の中。凄いシャンデリアが沢山ありました。

P1110396P1110395
生誕教会を出て、正面のメンジャー広場へ。向かいはモスクのようです。

P1110397P1110398
お土産屋さんの絵ハガキ。さっきうまく写真に撮れなかった祭壇の下はこうなっています。
先にある、ミルク・グロットという教会へ

P1110399P1110400
この教会の伝説はこんな感じです。生まれたばかりのイエスとマリアがこの洞窟にいると、
エジプトに逃げるようにヨセフにお告げがあった。(ヘデロ王がベツレヘムの乳児を殺すよう命令したから)

P1110401P1110402
マリアの母乳がこぼれて地面に落ちると赤かった地面がミルク色に染まったという話です。

P1110403P1110405
この左の写真の場所が元々の洞窟らしいです。教会全体が白いのでわかり辛いですが。

P1110406P1110407
帰りは聖マリア教会の向かい側にある市場に行ってみました。庶民の市場という感じでした。
典型的なイスラム系市場という感じで、綺麗ではありませんでした。

P1110409P1110411
綺麗なチャイセットが売っていました。市場のお肉屋さんで値段を聞いたら、
鶏肉1kg(もっと入ってたと思う)が20ILS(574円)とのこと。昨日イスラエル側では70ILSだったのに。
この差はなに?やっぱりあっちは特別な肉だったのかな。
なので買って帰りました。煮込んで食べましたが美味しかったです。
大量に入っていて、この後3日間食べられました。

本当はこの後は分離壁に行くのが定番なのですが、道を間違えて疲れたし
あのタクシーの人達と交渉する気力もなかったので帰りました。今じゃただの観光名所って感じだしね。

帰りは降りた場所から同じ21番のバスに乗りました。
途中のチェックポイント(イスラエル側に入るところ)で全員降りて
ID(パスポート)の確認がありました。でも、ただ見ただけ。荷物の検査もなかったです。

P1110415P1110416
宿に戻ってきました。左の写真は宿のすぐ近くにある変なビル。
今日は昨日の黒ではなく、白の方を購入。ちゃんとビールでした。

どちらかクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ



コメント

タイトルとURLをコピーしました