データを消さずに外付けHDDをFAT32からNTFSに変換する方法

パソコンを修理に出そうと思っていて、ファイルのバックアップをしているのですが、
外付けHDDにコピー出来ないファイルがあります。
外付けHDDの容量は余っているのに「大きすぎて、対象のファイルシステムに入りません」と出ます。

調べてみると、外付けHDDがFAT32でフォーマットされていると、
4GB以上のファイルをコピーすることができないそうです。

2015-12-11_01h05_54

外付けHDDの上で右クリックしてプロパティを見れば、フォーマットのタイプが分かります。
NTFSでフォーマットしてあれば4GB以上でもコピーできます。

一番簡単なのは、NTFSでフォーマットし直すことですが、そんなことをしたら
外付けHDDに入っているデータが消えてしまいます。
結構たくさんのデータが既に入っているので、他に移すのも現実的でないし。と思って調べてみたら、
データはそのままでファイルシステムだけ変換する方法がありました。
(一度NTFSにしてしまうとFAT32に戻すときにフォーマットしなければならないので注意が必要です)

2015-12-11_01h07_30

ウインドウズのマークの上で右クリックして、コマンドプロンプト(管理者)を選びます

2015-12-11_01h21_04

C:\Windows\system32>のところに、convert :/fs:ntfsと入れます。
の部分は外付けHDDのドライブを入れます。
ここではF:なので、convert f:/fs/ntfsと入れます。
次に「現在のボリュームラベルを入力してください」と出たら(出ないこともある)

2015-12-11_01h05_53

プロパティで表示される名前を入力します。

これでしばらく待てば、問題なく変換されるのですが

2015-12-11_01h30_04

問題が起こりました。
まずは、「破損チェーンをファイルに変換しますか」と聞かれます。yを入力して
その回はだめでも、もう一度convert f:/fs/ntfsを行うとうまくいくこともあるそうです。

私のは二回やってもダメだったので、指示されたとおりディスクチェックユーティリティを行いました。
C:\Windows\system32>のところにchkdsk f: /f と入力してエンター。しばらく時間がかかります。

2015-12-11_01h38_21

プロパティ→ツールのエラーチェックでも良いらしいです。
chkdsk f:/rとしてしまったのでかなり時間がかかりました。寝られなかったよ~

ついにチェックディスクも終了し、再度変換を試します

2015-12-11_06h08_22

やった~変換できました!

2015-12-11_06h09_00

プロパティもちゃんとNTFSになっています。
実際に4G以上のファイルもコピーすることができました。良かった~

(もし、この方法でうまく行かなくても自己責任でおねがいしますね)

どちらかクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました