2021年ブルガリアへの道その2~日本出発からポーランド宿泊~

2021ブルガリア


PCR陰性証明(ブルガリア入国用)を手に入れた翌日の朝の便でまずはワルシャワ@ポーランドへ。
同日の乗継便がないため、ワルシャワで一泊しました。
PCRのことなど前日のことは↓の記事をご覧ください。

※2021年4月中旬のことです。現在は状況が変わっている可能性があります。

スポンサーリンク

成田空港へ

宿泊したベストウェスタンホテルフィーノ東京秋葉原から京成上野へ。
京成上野から成田空港へは一本で行けるので便利でした。

成田空港の様子

ブレブレですが、成田空港は閑散としていました。


出発便は半分ぐらいが欠航でした(赤文字が欠航)。右の写真は去年8月の羽田空港ですが、

このころに比べれば欠航が減っていると思います。
羽田空港の方がアジア便が多いというのが原因かもしれませんが。



カウンターでチェックイン。体温測定があり、PCR陰性証明もチェックされました。
ポーランドで乗り継ぎなのですが、先のチケットも発券してくれました。

手荷物検査や出国審査は普段とあまり変わりなかったです。
勿論人は少なかったです。


免税店もほとんど閉まっていました。


プライオリティパスでANA Loungeに入ることができました。コロナ禍でお客が減っているからかな?


食べ物は個包装になっていました。うどんやそば、カレーを注文で作ってくれました。


飛行機を見ながらいただきます~


<宣伝>
プライオリティパスが貰える楽天ゴールドカードはここから申し込めます。

成田からワルシャワへ

←時間通りに搭乗が開始されました。
ガラガラです↓


オンラインチェックインの段階ではこんな感じでした。(青が空席)
後ろの方やトイレ前の客を入れてないと思われるところを除くと10席ぐらいしか埋まっていなかったのですが、実際にはもう少し乗っていました。
といっても、エコノミー全部で30人いないぐらい?でした。
降りるときに見えたビジネスはほぼ埋まっていたのでビジネスの方がギュウギュウだったかも。
それでも、全部で4-50人いればいい方でした。こんな状態でも飛ばしてくれるLOTに感謝感謝。

機内食は一種類のみで選択できませんでしたが、美味しかったです。右は到着前の軽食。

飛行時間は約11時間。予定通り到着しました。

ワルシャワ@ポーランド到着

到着後は入国できるのかドキドキしながら進みましたが、あっさり入国できました。
ホテルまでもすぐに行くことができました。

入国まで

飛行機を降りるとまず乗り継ぎへの分岐。
今日はワルシャワで一泊する必要があるため入国しなければなりません。
日本やブルガリアではここで、検疫(や検査)を受けてパスすると入国審査なのですが
ポーランドではすぐに入国審査でした。

ポーランド入国は
・シェンゲン域内からの入国の場合は入国前48時間以内のPCR陰性証明で隔離免除

・シェンゲン域外(日本も)からの入国は全員隔離対象。入国48時間以内の検査(抗原orPCR)
で陰性なら隔離から解放されます。

・ポーランドが目的国ではなく通過の場合は隔離免除に該当し、入国して翌日出国可能です。

(ポーランド入国の詳しい情報は国境警備隊のHPに詳しく載っています)

(ワルシャワ・ショパン空港での検査については、ショパン空港のHPに詳しく載っています)

ポーランド入国の目的を聞かれてトランジットであると答えると、乗り継ぎの航空券とホテルの予約を確認されました。ポーランドに滞在する人は滞在先の住所を確認されていました。


上記の隔離免除の条件に当てはまるので、隔離も検査も免除のはずだけどどこでチェックされるのだろう?
検疫官によっては免除にならずに検査を受けろと言われるかな?
シェンゲン域外からだから不要だけどPCR陰性証明を見せろと言われるかな?と考えていたのですが。。。


入国審査を終えてから検疫なのかな?と思いながら進んでいくと、預入荷物の受け取り場に。

出口前で検疫なのかな?と思いながら進んでいくと、そのまま出口でした。あれ?
結局検疫を受けることなく外に出てしまいました。今考えると入国審査が検疫も兼ねてたのかな?
ナゾなままでしたが、外に出られたのでそのままホテルへ移動しました。


空港は思ったよりは人がいましたが、閉まっているお店もありました。

ワルシャワショパン空港のHPにあった通り、預入荷物受け取り場に抗原検査ブースがありました。
また、空港向かいにあるホテルの横にPCR検査を受けることのできるブースができていました。

ホテルへ

いつもならバスや電車を使ってホテルまで行くのですが、今回は感染防止も兼ねて車で行きました。
といっても、ライドシェアなのですが。
事前に調べたところポーランドではUBERよりBoltというライドシェアアプリが主流とのことでした。
両方試してみたのですが、UBERの方がBoltより高い料金が表示されました。

空港からホテルまで10分ぐらいで
PLN11.11(321円)でした。PLN0.56はチップ。


↑の記事で紹介した、Revolutを使いました。
レートは1PLN=28.88円。この日のレートは28.60だったので両替手数料は0.98%でした。
土日は1%の手数料がかかるので、それを除けばほぼゼロで済みました。


手数料が1%かかっても、クレジットカードのポイント+Pontaポイントで1.5%貯まりますし、
日本のカードで決済すれば1.63%の海外事務手数料がかかるのでRevolutの方がお得に済みました。


楽天モバイルのおかげで、到着後すぐにネットが使えて便利でした。
これで月1GBまでは無料なんてすごい。海外旅行におススメです。
詳しくは↓の記事をご覧ください。

ワルシャワで泊まったホテル

Holiday Inn Express Warsaw – Mokotowに泊まりました。
コロナ禍でホテルは基本的には閉鎖。仕事に必要な人や、移動で不可欠な外国人など特別なカテゴリに当てはまる人しか宿泊できない規制になっていました。
予約前に問い合わせるとすぐにわかりやすい返事をくれたり、予約を入れたときにもカテゴリの説明と、当てはまらないときは当日キャンセルになること、その場合はキャンセル料はかからないことをちゃんと説明してくれたので、安心できました。

チェックインの対応もとてもよかったです。

部屋はこんな感じで広かったです。お水も付いていました。
ちょっと残念だったのは冷蔵庫がなかったことかな。
それ以外は問題なかったです。

朝食付きで一泊PLN190(5,453円)でした。

コロナ禍でなければ長く滞在したいのにな~。
ここで一泊して、明日はソフィアに向かいます。


どれか1つクリックお願いします。
 easteurope88_31 にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 海外生活ブログへ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました