足摺岬へ その2

2016-12-22_19h59_55
DSCN7414

バスを降りたらすぐにある、弘法大師の像です。

DSCN7415

その隣に、金剛福寺の入り口があります。第三十八番札所です。三十七番の岩本寺から約100㎞あり、
札所間では最長の距離だそうです。

DSCN7445

嵯峨天皇の勅願により、弘法大師がみずから三面千手観世音菩薩を刻み、本尊として開基したそうです。

DSCN7444

大きな池があってびっくりしました。極楽ってこんなイメージなのかな?

DSCN7447

足摺岬の入り口には、中浜万次郎(ジョン万次郎)の銅像がありました。

DSCN7448

土佐偉人銅像案内図によると、高知県内の偉人銅像は殆どが高知市と園周辺で、
南西部にはここだけみたいです。

DSCN7449

こちらは「足摺きらり」というイベント用のオブジェです。
夜になると光って綺麗なんだそうですが、結局行けず。残念。

DSCN7451

足摺岬の展望台に到着です。向こうに見えるのが天狗の鼻

DSCN7453

こちらは足摺岬灯台です。

DSCN7457

四国最南端のレリーフがありました。

DSCN7462

展望台から、天狗の鼻までは近いそうなので行ってみました。
10分も掛からず到着。手前に見えるのが足摺岬。上にさっき行った展望台があります。

DSCN7465

今度は、灯台の方へ行ってみました。

DSCN7466

途中にあった、「地獄の穴」ここにお金を入れるとチリンチリンと音を立てて
金剛福寺のすぐ下まで落ちていくそうです。

DSCN7467

お金を入れてみたけど、数回しか音が聞こえなくてイマイチわからなかったです。

DSCN7468

この岩には、弘法大師が爪で「南無阿弥陀仏」と彫ったそうです。

DSCN7469

実際に見るとなんとなくわかったのですが、写真だとあまり良くわからないなぁ。
岩の真ん中辺りですが、わかりますかね?

DSCN7473

足摺岬灯台に到着です。ここへも10分ぐらいだったかな?

DSCN7475

弘法大師が不動岩に渡るために亀を呼んだ場所だそうです。

DSCN7477

岩で釣りをしていた人を漁船が迎えに来ていました。
結構波が荒そうなのに、こんな小さな岩に近寄せられるなんて、すごい操縦術です。

DSCN7479

海はとても青く澄んいでいて綺麗です。

DSCN7483

灯台はこっちが正面だったようです。

DSCN7484

足摺岬の灯台は大正3年からあり、現在のものは昭和35年に改築されたものだそうです。

DSCN7486

足摺亜熱帯自然植物園という植物園があるそうです。
亜熱帯の植物が生えているってことですよね?やはりこのあたりはかなり暖かいんだろうな。

これで足摺岬の観光は終了。この後はバスで帰りました。
1-2月頃は椿が咲いて綺麗らしいので、ぜひまたその頃に行ってみたいです。

どれか1つクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 土佐清水情報へ  にほんブログ村 旅行ブログ 四国旅行へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

Sponsored Link

スポンサーリンク

関連コンテンツ
2016年10月-12月高知県
スポンサーリンク
カメとヒヨコの海外ロングステイ

コメント

タイトルとURLをコピーしました