ブダペスト観光1日目その2オペラ座ツアー

DSCN6563

オペラ座に戻ってきました。先程予約した見学ツアーに参加しました。
日本語ペラペラのおじさん(ハンガリー人)がガイドさんでした。
参加者の日本人は8人ぐらいだったかな?他の言語に比べて少ないのでラッキーでした。

DSCN6566

天井まで絵がびっしり描かれています。

DSCN6568

こちらは大きな絵です。バッカスの絵だったかな?

DSCN6575

こちらはバーになっています。長いものでは8時間以上もあるので幕間はここでくつろぐ人も多いそうです。

DSCN6570

壁の彫刻が印象的でした。

DSCN6576

こちらは王様の階段です。

DSCN6577

オーストリア・ハンガリー帝国時代に、皇帝フランツ・ヨーゼフとエリザベート皇妃が
この歌劇場を訪れた時に使用した大理石の階段です。

DSCN6582

メインホールをロイヤルボックスから見たところです。

DSCN6583

エリザベートは舞台左上の大理石の柱で囲まれたバルコニー席からよく観劇したそうです。

DSCN6589

天井には重さ3000kg以上の美しいシャンデリアが吊されています。
このシャンデリアの上下は手動なので、下げるだけでもかなりの時間がかかるそうです。
天井にはギリシャ神話の神々が描かれています。

DSCN6591

下から客席を見た図。真ん中のところがロイヤルボックスです。

DSCN6594

客席は、最初に作られたときから変わっていないそうです。

DSCN6598

最後にミニコンサートが行われました。この女性が歌ってくれました。
途中でお客の男性とちょっと踊ったりも。短い時間でしたが、楽しかったです。

どれか1つクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

Sponsored Link

コメント

  1. cachaca より:

    >皇帝フランツ・ヨーゼフとエリザベート皇妃がこの歌劇場を訪れた
    二人で行ったのは数えるほどしかなく、シシィは夫をウィーンに残して勝手気ままに来てたそうですよ。結局暗殺されちゃっいましたね。
    それより、ここはヨーロッパでも他にないほど絢爛豪華ですが、床を見ました?ウチがオペラを見に行った2011年冬以来、再建されてないのであれば、今も板張りの床のはずです。通路はカーペット敷いてありますが、客席の足元は板張りのままのです。その日のオペラの出来がいいと、観客が拍手に加えて足を踏みならしてアンコールを求めるんです。そして歌手が本当にアンコール歌うんですよ。とってもいい雰囲気でした。
    最初の写真見ると、bunjiさんが行かれた頃はハンガリー人作曲家のコダーイのオペラがかかってるみたいですね。私的には好みじゃないけど(^^;

  2. bunji_ より:

    >cachacaさん
    そうなんですよね。シシィはハンガリーが大好きだったようですね。
    しかし、本当ににすれ違い夫婦ですよね。
    板張りの床見ました。ちょっとだけ座席の写真に写っていますね。
    来年ぐらいから大規模な改装を行うそうですが、座席の部分は変更なしのようです。
    見学ツアーだけでなく、ちゃんとオペラを見たほうが雰囲気がもっと良いでしょうね。
    cachacaさんは色々なオペラを見ていてやはり詳しいですね。
    私達もまた機会があったら、次はオペラを見に行きたいです。

タイトルとURLをコピーしました