マルタ旅行4日目その2聖ヨハネ大聖堂

スリーマから、ヴァレッタに上陸した後はヴァレッタ観光の一番の目玉である
聖ヨハネ大聖堂(St John’s Co-Cathedral)に行きました。

DSCN6040

入り口。

DSCN6160

大人10ユーロ、シニア7.5ユーロ。オーディオガイド(日本語あり)付きです。

DSCN6161

1577年にマルタ騎士団が聖ヨハネを称えるために建てた大聖堂です。

DSCN6162

最初は地味な聖堂でしたが、後に中を現在のように改装したそうです。
なので、外見と中身のギャップがスゴイ。

DSCN6164

聖堂の両側にはマルタ騎士団を構成する八つのグループのそれぞれの礼拝堂があります。

DSCN6167

各礼拝堂はそんなに大きくないのですが、かなり豪華な装飾がなされています。

DSCN6168

正面が主祭壇で、その左右に礼拝堂があります。

DSCN6170

聖堂の床は騎士たちの墓所となっています。聖堂に入ると墓所の上を歩くことになるんですが。。。
約400ある各墓所は大理石でできた墓碑で覆われていて、人によって色々なモチーフが描かれています。

DSCN6176

こちらが主祭壇です。

DSCN6171

各礼拝堂は天井までゴテゴテに装飾されています。

DSCN6177

こちらも礼拝堂の写真。

DSCN6179

どのグループのかは忘れましたが、どの礼拝堂も豪華でした。

DSCN6180

グループは言語によって別れていたそうです。

大聖堂に併設されている美術館も見学可能でした。美術館は写真撮影は禁止でした。
美術館の目玉はローマで活躍した画家カラヴァッジォの作品「聖ヨハネの斬首」と「聖ヒエロニムス」
でした。

どれか1つクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

Sponsored Link

コメント

  1. cachaca より:

    「聖ヨハネの帰還」(エロイカ)でマルタ島が舞台になってます。ヨハネ大聖堂はマルタ島の観光の目玉なんですね。
    清貧だったとされるヨハネなのにこのゴテゴテ装飾はやっぱり富と権力を見せつけるためでしょう。ヨーロッパのこのいう建物に疲れてしまいます。
    聖ヨハネの斬首といえば、オペラ「サロメ」にもなってます(音楽的に好みじゃないですが)。
    スリーマとか他にも地名(忘れた^^;)がイスラム的なのがありますね。スリーマはスレイマンでしょうか。一時期はイスラム支配下だったんでしょう。

  2. bunji_ より:

    >cachacaさん
    造ったときはちゃんと(?)清貧だったんですよ。なので、外壁は地味なんです。
    でも、後から中だけゴテゴテになってしまったんですね。うーん。
    ゴテゴテの装飾もたまには良いですが、こういうのが続くと疲れますよね。
    800-1000年台に200年間アラブ勢力に支配されていたので、大きな影響を受けていますね。
    マルタ語の65%はアラビア語が語源だそうです。スリーマはわかりませんが
    イムディーナやラバト、マルサ、マルサシュロックはアラビア語源のようです。

タイトルとURLをコピーしました