ポーランド旅行 9日目ボレスワヴィエツへ

ポーランド
スポンサーリンク

電車でボレスワヴィエツへ

ヴロツワフから電車に乗って、ボレスワヴィエツという町へ行きました。ボレスワヴィエツはポーランド食器で有名な町です。車でボレスワヴィエツの郊外に行くツアーばかりなので、車でないとお店に行けないのかと思っていましたが、ボレスワヴィエツの駅から歩いて行ける範囲にお店があるとのことなので行ってみました。

バスも検討したのですが、バスは朝ボレスワヴィエツからヴロツワフへ来る便と、夕方にヴロツワフからボレスワヴィエツへ行く便しかありませんでした。ヴロツワフの方が大きな町なので、ヴロツワフへ通勤する人が多いのかな?

というわけで、鉄道駅にやってきました。ガラスの中の掲示板に時刻表があります。

こんな感じで、行先別に出発時刻が書いてあるので便利です。朝7:51発は私たちにとって早すぎるので9:52のに乗ることにしました。

ヴロツワフ発の便は結構多いようです。 9:52発の「LUBAN SLASKI」行に乗ります。

中はこんな感じ。かなり綺麗でした。自由席です。右は切符です。窓口にはかなりの行列なので、自動販売機で買ってみました。二人で、37.4PLN(1028.5円 @27.5)でした。

途中の駅と風車。のどかな風景が広がっています。

一時間半ほどで、ボレスワヴィエツに到着しました。

ボレスワヴィエツにあるポーランド食器のお店

ボレスワヴィエツ駅の北側(旧市街は駅の南側)にポーランド食器のお店がたくさんあります。

1. Ceramic plants BOLESŁAWIEC Sp. o.o.

一軒目の Ceramic plants BOLESŁAWIEC Sp. o.o. です。1900年にHugo Reinhold(フゴ・ラインホルド)社によって設立された陶工所を1947年に受け継いで現在に至る、最も古く伝統ある製造元です。同地の二大製造元の一つです。社名に「ボレスワヴィエツ」という地名を入れることが許されているのはこの製造元だけです。

前庭に大きなテントがあり、アウトレット品がたくさん並んでいます。アウトレット品といっても、素人には正規品との見分けがつかないものばかりでした。

本当にいろいろな種類のものがあります。水差しやカップは定番です。右のは時計です。

こちらはお店の中の正規品です。こちらにもたくさんの商品が並んでいます。オンラインショップもあるようです。

外のアウトレット品の方がもちろん安いですが、中のものも日本で買うよりはもちろん、ポーランドの他の地域で買うよりも安いです。

このお店は老舗らしく、定番の柄のものが多かったです。鶏なんて可愛い。でも、使わないし持って帰るのも大変。

よさそうなものをチェックして、次のお店に向かいます。屋根や門に大きなポットがあって可愛いです。

2. Pottery Store Cer-Far

二軒目はPottery Store Cer-Farです。ここは色々な窯元の商品が集まっているようです。

屋根の上の車が可愛いです。ほかにも、ポーランド食器を使った装飾があります。

色々な模様があります。

カップやお皿だけでなく、いろいろなものがあります。

お皿もたくさんの種類があります。

椅子もありました。

輪投げの棒かと思いましたが、キッチンペーパーホルダーかな?スプーンもあります。

コーヒーミルや十字架もあります。

カッティングボード。昔家にあった物によく似てるなぁ。

3. Ceramika Artystyczna

一軒目のCeramic plants BOLESŁAWIEC Sp. o.o.と並ぶ、二大製造元の1つです。

敷地の右側にあるここがお店になっています。ここはカラフルなものが多かったです。

ここはクオリティによって違う色のシールが貼ってあります。

女の子の絵なども珍しいです。象は置物なのかな?

伝統の柄もありますが、新しい柄のものもたくさんあります。

これは猫柄ですね。60%オフのものもありました。車で来て山ほど買っていく人がたくさんいました。

4. Kalich Ceramics Outlet Store

こちらは三軒目の道を挟んだ向かい側にあります。いくつものお店がつながった形になっています。各お店の入口は狭いですが、中は広く二階もあります。

お店によって、色々な柄や色があってみているだけで楽しいです。

柄も色々あります。

空白が多くて珍しい感じです。

これはほかのものとイメージが全然違います。

左のは定番の柄ですが、右のは定番のとほかの柄を組み合わせています。

ハロウィン用のカボチャも。

色々な動物のものもあります。

このお店のは明るい色のものが多かったです。

この柄結構好きかも。でも、マグカップがなかったので残念。

イースターやクリスマス用もありました。

バラ柄も新しそう

色々な形の器も可愛いですね。

元々そんなに高くないのですが、30%OFFのコーナーもあったり

もう本当にたくさんあって、見るだけで疲れました。。。

ヴロツワフへ

これは一軒目にあったお知らせ。私たちが行った日の次の日からボレスワヴィエツでは陶器祭りが開催されたそうです。これはその日のセールのお知らせでした。残念なことに私たちは明日次の町に移動するので行かれませんでした。日程知らなかったからしょうがないんだけど。残念。

お店を見るだけで疲れたので、旧市街は見ずにヴロツワフへ帰ることにしました。これは、駅近くから撮った旧市街

ガソリン価格は130円前後なので、日本と比べてみると食べ物などの物価に比べてかなり高いですね。

帰りの電車で流れていた陶器祭りのCM。顔を白く塗ったり、カラーパウダーを撒いたりするようです。
勿論、たくさんのお店が出る陶器市場もあります。

夜はコンサート。観覧車もあるようです。楽しそう~

購入したもの。
マグカップ 22PLN(605円)・25PLN(687.5円)
小皿9.89PLN(272円)x2
スプーン24PLN(約660円)x2

この先が長いので、あまり数は買えませんでしたが満足です。また買いに来たいなぁ。


どちらかクリックお願いします。
 にほんブログ村 旅行ブログ 東欧・中欧旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ 
スポンサーリンク

関連コンテンツ
ポーランド
スポンサーリンク
カメとヒヨコの海外ロングステイ

コメント

タイトルとURLをコピーしました