格安バスFlixBusの予約と利用方法

高速バス

ヨーロッパの移動に便利な格安バス、FlixBusの利用方法を紹介します。
多くの場合鉄道より安く移動することができ、ヨーロッパ旅行にはとても便利ですので
この記事が活用のヒントになることを願っています。

スポンサーリンク

チケット検索

まずは、FlixBusにアクセスします。

出発地・目的地・日付・人数を入力して検索します。

一覧が出るので、希望のチケットを選びます。座席の残り枚数等によって値段は変動します。
基本的に早ければ早いほど安くなります。

右側のBoxに選択したチケットが表示されるので問題なければ「Book」を選択します。
もし、バウチャーをお持ちなら入力します。
予約できる残り時間が表示されているので(この画面では29分)、
その時間以内に予約を終了するようにします。

荷物追加

氏名・電話番号を入力します。バスの運行に変更があった場合などは、この番号にSMSが来るので
できれば、旅行先でSMSが受け取れる番号が良いです。

荷物は、7kgの持ち込み手荷物と20kgの預入荷物無料でついています。さらに荷物を追加したい場合は
「Additional luggage」を選びます。

カーボンオフセットを購入する場合は、チェックボックスにチェックを入れます。
(今回の二酸化炭素排出量に相当するオフセットを購入したい場合)

座席指定

座席指定する場合は、「Seat Reservation」を選びます。(指定できない路線では表示されません)

座席指定しない場合は、中央付近の自由席が早い者勝ちになります。
座席指定しなくても席がないということはないので、
座席にこだわりがなければ指定しなくても良いです。
一番前の席は少し指定料が高くなります。

支払い方法を選びます。
クレジットカードとグーグルペイは手数料が€0.67かかります。
PayPalまたはDirect debitは手数料がかからないので、PayPalをお勧めします。

チケットはメールで送られてくるので、メールアドレスを入力します。

内容を確認して、支払いに進みます。

Paypalで支払い

PayPalにログインします。

表示された名前・住所・カード番号を確認します。この次がポイントです。
請求額はユーロですが、登録が日本なので日本円に換算して支払うようになっています。
その手数料が4%なので、1ユーロ115円の日に120円で計算されてしまいます。
ユーロで支払えば、この為替手数料は適用されず、カード会社の手数料のみになります。

レートの部分にカーソルを合わせると、為替についての説明が出ます。
「conversion rate options」をクリックすると、右のような「Currency options」が表示されます。
上がPayPalのレートを適用する場合、下がクレジットカード会社の「換算レート」を適用する場合です。
クレジットカード会社のレートはVISAよりMasterの方が良いことが多いです。
これとは別に、海外利用事務手数料がVISAとMasterは1.63%、アメックスは2%かかります。
これは、普通に海外で使う時と同じですね。それでも、PayPalの手数料に比べて2%以上安くなります。
(カード会社へ利用通知が到着した時のレートになるので、お得にならない場合もあります)

変更後はレートについての説明が出なくなります。
「Agree and Continue」をクリックすれば支払いが完了します。

チケットを印刷

先ほど登録したメールアドレスにチケットが添付されたメールが来ます。このチケットを印刷します。
添付ファイルのうち、「Booking~」と書かれた方がチケットです。
「Luggage~」の方は荷物タグですが、こちらは印刷の必要はありません。

このPDFファイルを印刷して当日の乗車時に乗務員に見せます。

アプリをインストールしてチケットを表示する

FlixBus: Smart Bus Travel

FlixBus: Smart Bus Travel


FlixMobility GmbH無料
posted withアプリーチ

左記のアプリをインストールして、
アプリ上のチケットを表示すれば
チケットの印刷は不要です。

(ネットに繋がっていなくても、
チケットの表示が可能です)


アプリを起動して、下部の「Tickts」を選び、右下の「+」を選択します。

QRコードを使う場合は、「QR-code」を選択し、許可します。
その後、起動したカメラでQRコードを読み込みます。(PCの画面上のQRコードでできます)

または、「Booking number」を利用します。
メール等に表示された予約番号と名前またはメールアドレスを入力します。

チケットがリスト表示されます。ここまでは乗車前にしておいたほうが良いと思います。

乗車前にリストから表示したいチケットを選択し、詳細の上部にあるQRコードの絵をクリックします。

すると、QRコードが表示されます。
このコードを乗務員がスマホで読み取って
乗車することができます。


どれか1つクリックお願いします。
  にほんブログ村 旅行ブログへ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました