プンタ・アレーナス散策@チリ・パタゴニア

ここプンタ・アレーナスではペンギンを見に行くツアーが人気です。
この街からいけるペンギンのコロニーは3か所あって、ペンギンは二種類いるらしい。

1.SENO OTWAYにバスで往復。10時と16時発がある。
所要時間は四時間でお値段 17500CLP(3500円)

2.船でマグダレナ島に行って、島に一時間上陸して帰ってくる
所要時間は5時間 お値段 28000CLP(5600円)

3.2.にさらにオットセイのいる島まで行く
所要時間6時間 お値段44000CLP(8800円)

4.もう一つペンギンコロニーに行ってぐるっと回って帰ってくる一日ツアー
所要時間14時間 お値段56000CLP(11200円)

などがあるようです。

ほかにもパイネ国立公園に行くツアー(プエルト・ナタレスから行った)30000CLP(6000円)や
フエゴ島ツアー60000CLP(12000円)などもあります。
自分でそれぞれの町に行ってから行くより安上がりかも?

私たちは2..のマグダレナ島ツアーを選択。
ちなみにこのツアーはCOPACAというツアー会社が元締めなのでどこで買っても同じ値段です。

昨日頼んだホステルへ移動。
P1030867P1030870
名称(多分):ESTRELLA CERDA RIOS 町の中心の広場から二ブロック坂を上った
ESPANA通りにあります。
屋根の上にHOTELと出ていますが、それ以外の表示はなし
住所:ESPANA 1134

ダブルでバス・トイレ・タオル付き Wifi可能。一泊30000CLPを三泊で75000CLPにしてくれた。
広くてきれいな部屋です。キッチンやリビングも完備。
写真はちょっと暗いですが、天井が高く天窓等の採光が良くて明るかったです。
クリスマス休暇だからなのか四日間ほかのお客なし。
逆に大丈夫なのか心配だわ。宿帳を見ると、毎年1-2月がピークらしけど
それでも月に3-40組しか泊まってない。
部屋もたくさんあるし。オーナーもいい人だし、かなり良かった。
町もウシュアイアに比べてまったりで疲れを取るにはとてもよかった。

この日はとりあえず町を散策。
P1030868P1030869
P1030871P1030872
ホテルから坂を上ったところに展望台があるので、登ってみました。

P1030873

パノラマ。ちょっと曇ってるけど、海も見えて良い眺めです。

P1030874P1030875
こんな看板が。大阪まで17116Kmだそうです。

P1030876P1030877
コロンという通りの坂を上ったところ。ここからも町を眺めることができます。
右の写真中央にあるのはAustralというビール会社の工場
工場見学ができるらしいんだけど、何時からとか情報が全くなかったのでとりあえず行ってみた。
この日は日曜日だったのでやっておらず、入口の警備員さんが電話番号の書かれた紙をくれた。
宿の人に電話してもらおう。

P1030879P1030880
P1030881P1030882
アルゼンチンに比べてチリではクリスマス飾りをしている家が多かったです。

P1030883P1030884
面白い形に木が整えてあります。右の像は広場中央にあるマゼラン提督の像だと思います。

P1030886広場にある観光案内所。
一見閉まってますが開いています。

P1030893P1030897
歩いて行ける方の港(PUERTO DEL ESTRECJO?)に行ってみました。大きな客船が泊まっていました。

P1030894P1030896
港のお土産屋さんにあったツアー。もしかしてこっちのほうが安かったかも?

P1030898近くにあるこの建物が市場のようです。

P1030899P1030905
一階がお店で二階・三階がレストランでした。

P1030900P1030902
P1030904P1030903
お店の数は少ないですが、魚が豊富に売っています。

P1030907

P1030908

二階・三階のレストラン。二階はたくさんのお店が並んでいて、三階は一軒のようでした。

P1030925二階の一番端のレストランに入りました。
ほかの人のブログではこの隣が美味しかったらしい
ですが、お休みだったので
。右端に写っているお兄さんがお店の人で、
英語もしゃべれるので注文も問題なしでした。

P1030910P1030909
メニューの一部。
Chupe de Centolla 6500CLP(1300円)(蟹グラタンみたいなやつ)と
PESCADOSの左側(炒めた玉ねぎと目玉焼き付き)の
Congrio(チリを代表する魚。アナゴみたいなやつ)5200CLP(1040円)を頼みました。

P1030911ビールも忘れずに。
パンも付いてきます。
右のはパンにつけると美味しかった。

P1030921P1030920
左がChupeで右がCongrioです。
Chupeは本当に蟹たっぷりで美味しかった。
Congrioは目玉焼きの下にあって見えてませんが白身で淡泊な味でした。

おなか一杯になったので、海辺を散策してから帰ります。
P1030927P1030926
P1030931P1030932
P1030933P1030934
大量の海鳥

P1030935P1030938
壁面の絵が本格的

P1030929P1030936
こんなものもありました。

P1030941P1030942
こんなオブジェも。

両替屋さんに貼ってあったバスのプロモーション
プエルトモンまで45000CLP(9000円) ウシュアイアまで29000CLP(5800円)など、かなり安いです。

P1030944アルゼンチンペソは
1USドル=9アルゼンチンペソという高レートでした。
(パタゴニアでは7.5-8ペソぐらいでした。)
少なくとも、ロス・アンティゴスや
パタゴニアのアルゼンチン側で両替するより
お得でした。
ブエノスアイレスやメンドーサ、バリローチェなどの
アルゼンチンの大都市を経由せずに
パタゴニアに行く場合は、
チリ側でアルゼンチンペソに両替したほうが
お得だと思います。

どちらかクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

Sponsored Link

スポンサーリンク

関連コンテンツ
3.パタゴニア ホテル
スポンサーリンク
カメとヒヨコの海外ロングステイ

コメント

タイトルとURLをコピーしました