エル・チャルテン到着@アルゼンチン・パタゴニア

P1020996P1020997
朝7時頃エル・チャルテンに到着したら、虹が。両方の先端が見れました。ちょっとラッキー?

バスにそのまま乗って、バス会社の経営するホテルへ。
まだ部屋には入れなかったので、荷物を置いてミニトレッキングへ。生憎の小雨ですが。

この街はフィッツロイという山の周辺をトレッキングするために多くの人が訪れます。
P1030100クリップボード
patagoniaというブランドのマークで有名らしいです。

クリップボード

沢山のトレッキングルートがあります。メジャーなルートはフィッツロイ下のロス・トレス湖までの往復か、
反対側のオステリア・エル・ピアウまでバスで行って歩いて帰ってくるかなのですが、
少なくとも8時間はかかるのでやめました。雨だし。

所要時間1時間のロス・コンドレスとラス・アギーラスへ行きました。
晴れていればここからもフィッツロイが見えるそうです。

P1030010P1030011
フィッツロイ川を渡ります。

P1030015P1030016
トレッキングルート入口。ちゃんと整備されているので、安心です。

P1030017P1030018
まだ実がなっていませんがカラファテという名前の植物です。トゲがすごい。

P1030019P1030023
黄色い花が咲いていて綺麗です。

P1030025このルートはロス・コンドレスという
コンドルが見える展望台が目的地です。

P1030029P1030033
あんまりピントが合ってませんが、オナモミのような大きくて硬い実がたくさん付きます。

P1030038P1030040
結構登ってきました

P1030039P1030043
いい景色です。エル・チャルテンの町が見えます。結構小さな町です。

P1030042P1030047
天気はあまり良くありません。晴れていればここでフィッツロイが見られるはずです。
コンドルも見られませんでした。

次はラス・アギーラスに向かいます。
P1030055P1030056
景色を見ながら15分ほど歩くと

P1030057P1030058
ラス・アギーラスに到着しました。

P1030059

パノラマ

P1030068P1030072
向こうの山と湖が見えます。

P1030082P1030087
トレッキングルート入口にある、管理事務所です。
中には色々な野生動物の写真やこのあたりの立体模型があります。

P1030090山の模様が面白いです。

P1030095P1030094
これでトレッキングは終了。途中で雨が降ってきちゃったりで結構頑張りました。
エル・チャルテンの町に戻ります。

P1030099P1030102
変なゴミ箱が町中にいくつかありました。

P1030103ホテルに戻ってチェックイン。
ホステル ピオネロス デル バジェ
(Hostel Pioneros del Valle)
というホテルです。
unnamedagoda unnmedBooking.com

バス会社のCal Turが運営しています。

ツイン シャワー・トイレ・タオル付き
部屋でのWifi可能(遅い)キッチンあり。

ドミトリー6ベッドと同じ部屋をツインにしているようで、広くて綺麗でした。
キッチンは朝の掃除後は綺麗だけど、使う人のマナーが良くなかったです。
Wifiはこのホテルの問題ではなく、街中調子が悪かった可能性があります。
この日はかなり風が強かったのでそれが原因かもしれません。
でも、450ペソ(7425-5850円 本当に割引してくれたのか疑問)はちょっと高すぎな気もします。
周りにもたくさんホステルはありますので、ほかを当たったほうが良いかも?

明日は晴れてフィッツロイが見れるといいなぁ

どちらかクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ



スポンサーリンク

関連コンテンツ
3.パタゴニア ホテル
スポンサーリンク
カメとヒヨコの海外ロングステイ

コメント

タイトルとURLをコピーしました