2020年ブルガリアへの道その1~航空券予約確定まで~

ブルガリア

3月に行こうと思っていたポルトガルとブルガリア。まさかこんなことになるとは。
結局ブルガリアの入国制限が解除された8月にブルガリアにやってきました。

スポンサーリンク

飛行機の予約は何度もキャンセルに

元々は3月18日に日本を発ってポルトガルに2週間滞在後にブルガリアに行く予定でした。

しかし、3月17日の会議でEUが国境封鎖を決定、ブルガリア入国もできなくなるという事態に。
どうなるかわからなかったですが、とりあえず6月に延期しました。

6月に延期した飛行機はキャンセルになってしまったので、8月に延期しました。
この8月の飛行機も、キャンセルになったり時間が変わったりで3回ぐらい変更しました。
(航空会社都合なので無料で変更できました。)
ブリティッシュエアは休止中のためJALの飛行機に乗ることができてちょっとラッキーでした。

ブルガリアの状況

気になるブルガリアの状況は、3月13日に緊急事態宣言が採択され

1 ゲームセンターやディスコ,バー,ショッピングモール(食料品店と薬局を除く),飲食店等への訪問を禁止する。
2 大学を含む学校やその他団体における授業やその他活動(クラブ活動や遠足等)は休止され,可能であれば遠隔教育の実施が推奨される。
3 子供の保育園,幼稚園への訪問を休止する。
4 学校やプリスクール等以外も含む,子供と生徒が関わる全ての団体活動を休止する。
5 スポーツや文化,娯楽や科学等(映画館,劇場,コンサートホール,ミュージアム,会議,スポーツジムやスパ等)の大規模行事等を休止する。
6 全ての雇用者は,その業種及び実現可能性を踏まえた上で,従業員がリモート勤務をする体制を導入する。不可能な場合には,職場における適切な措置をとる(換気,フィルター,消毒,ウイルス衛生指導,症状のある者の入構拒否等)。
7 小児科婦人科定期検診,予防接種,臓器移植を含む手術施術含め,医療機関への訪問を休止する。
8 以上の令は,関係する全ての地方保健検査官へ通達された。各地方検査官は,各知事,市長及び内務省管理者,管轄する全ての医療施設,教育機関等に対してこれらの対策について通知しなければならない。本措置の期間と範囲は今後の国内の流行状況により変動する。

在ブルガリア日本国大使館

ロックダウンまではいかないものの、日本よりは厳しい制限がありました。


更に、(在ブルガリア日本国大使館領事メールから抜粋)
3月21日からは都市間移動が禁止され、朝10時半までは高齢者のみが買い物できるようになりました。
3月下旬からは航空機が減便や欠航が増加し、各国との国境の閉鎖により他国に移動することも難しい状況に
3月31日(4月11日から?)からは屋内外におけるマスク着用義務が発令されました。
4月17日からは感染が拡大していた首都ソフィア市が封鎖されました。

4月下旬から緊急事態宣言による規制が少しずつ解除され
5月22日からはEU及びシェンゲン領域加盟国国民の入国が可能になりました(14日間の隔離あり)

6月1日からはEU加盟国(一部例外あり)からの入国者の隔離措置義務の解除

7月9日から反政府デモ開始
7月16日から日本人の入国禁止措置及び日本からの入国者の自己隔離義務が解除になりました。


この自己隔離は結構厳しいもので、毎日警察が家に来るものだったそうです。


感染状況は

在ブルガリア日本国大使館のTwitterから

厳しい制限のおかげか、第一波はヨーロッパの中ではかなり抑えることができていました。
しかし、6月9日から感染者数が増大して第二波が始まってしまいました。

一日400人行かないので少なく見えますが、ブルガリアの人口は日本の約18分の1なので
300人だとしても、人口換算すると5400人になります。
しかし、感染の中心はやはり首都のソフィアで、私たちが行くシプカでは感染者は出ておらず
近くのカザンラクという大きな町でも感染者がほぼいない状態でした。

更に経由地のイギリスは、6月8日から入国者に対して公共交通機関利用不可を含む14日間の自己隔離制限が始まっていましたが、日本人は7月10日から免除になりました。

行先も変更しました

本来なら、羽田→ロンドン→リスボンと移動して、リスボンで2週間滞在後ブルガリアへ行く予定でしたが
ポルトガルに滞在するのはやめて、上記の航空券とは別にロンドン→ソフィアをブリティッシュエアで予約しました。
2人でGBP157.74(クレジットカード請求額21544円)と安く予約できたのでラッキーでした。


予約したときは同日中に乗り継ぎできる予定でしたが(元々のリスボン行きも)、こちらもキャンセルになり結局ロンドンで一泊することになりました。
この状況ではこれぐらいはしょうがないかな~
でも、ビビりなので日本から食料を持って行ってロンドンではホテルから出歩かないことにしました。
通販でフェイスシールドも購入し、アルコール除菌剤も準備しました。

当日の様子は次に続きます。


どれか1つクリックお願いします。
 easteurope88_31 にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ longstay88_31 

コメント

タイトルとURLをコピーしました