ナスル宮殿@アルハンブラ宮殿

2016-04-27_01h32_57

グラナダと言えば、アルハンブラ宮殿らしいです。
アルハンブラ宮殿の観光は三箇所に分かれています。(地図のオレンジ色の部分)
予約が必要なのは、地図の真ん中にあるナスル宮殿です。
普通の予約は一ヶ月前ぐらいでないと取れなかったのですが、グラナダカードを購入して予約できました。

ナスル宮殿の予約が朝の8:30なので、早起きしてバスに乗りました。

DSCN4463

バスはヌエバ広場から出ています。ヌエバ広場には大きな銅像があります。

DSCN4462

この奥がバス停になっています。
最初にバス乗るときに、グラナダカードをバリデーションしてもらいました。これでバスに5回乗れます。
C3のバスに乗り、チケット売り場の先、裁きの門で降りて歩いて行きます。
チケット売り場にはかなりの行列ができていました。グラナダカードを買って予約してよかった~

DSCN4293

宮殿入り口で並んで待ちます。結構明るくなってきましたが、天気があまり良くなかったので寒かったです。
違う日に予約したほうが良かったかな~。

DSCN4296

時間になってやっと入場できました。最初の部屋は裁きの間です。
宮殿の現存する最も古い部分だそうです。ちょっと暗いですが、壁や天井の細かい細工が素晴らしいです。

DSCN4297

その奥は祈祷室で、アルバイシンの丘を一望できます。

DSCN4298

壁にも細かい模様がびっしりです。

DSCN4300

模様アップ。

DSCN4301

30分毎に100人ぐらい?の入場制限があります。

DSCN4303

中庭の池に建物が映って、とても綺麗です。

DSCN4310

全面の模様に圧倒されます。

DSCN4314

アラビア文字が入ったものも。スゴイなぁ~

DSCN4317

次はライオンの中庭です。

DSCN4319

この先は王族のプライベートな空間で、装飾はより繊細になります。

DSCN4322

12頭のライオンの噴水が中央にあります。ライオン?って感じですが。。。

DSCN4323

全体図。

DSCN4325

壁の装飾も今までよりかなり精密になっています。

DSCN4326

ここがアベンセラッヘスの間かな?
政界の最大勢力だったアベンセラッヘス家の男性36人が皆殺しにされた部屋だそうです。
この中央の噴水は、中庭中央のライオンの噴水に繋がっています。

DSCN4329

こちらは二姉妹の間かな?の天井です。精密すぎてもうわけがわかりません。

DSCN4331

奥にはリダラハのバルコニーがあります。
もう一部屋、諸王の間というのがあるのですがこの時は改装中だったようで見れませんでした。

DSCN4335

こちらの部屋は天井以外にはあまり装飾のない部屋ですが

DSCN4336

ワシントン・アービングが「アルハンブラ物語」を執筆した部屋だそうです。

DSCN4337

この先からもアルバイシンの丘を一望できます。

DSCN4338

その先には小さな中庭が。

DSCN4339

階段の模様も可愛いです。

DSCN4341

更に大きな庭園に出ました。木が綺麗に整えられています。

DSCN4342

宮殿の外に出ました。

DSCN4344

植木が星形に整えられています。スゴイなぁ。

次はアルカサバに行きます。

どれか一つクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

Sponsored Link

コメント

  1. より:

    アルハンブラ宮殿は最近入場人数制限をしてるのですね。それに綺麗に修復されてますね。もっと昔は制限など全くなくライオンの噴水も触ってましたよ。少し綺麗になりすぎてサビ、ワビを感じななくなった感じです。滅んだムーア人の息吹が感じられた昔の寂れていた頃の方が風情があります。

  2. bunji_ より:

    >Kさん
    アルハンブラの予約は年々厳しくなっているそうです。
    朝4時頃から並ぶ人もいるらしいです。
    昔はもっと素朴だったんですね。今は綺麗に修復されていて
    見張りの人も多いですし、触るなんて無理だと思います。
    今も修復中の場所もありますので、もっと綺麗になるのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました