バジェスタ島とカンデラブロ@ペルー

パラカスに来た目的は、バジェスタ島とカンデラブロです。
ツアーは45Sol(1665円)。これもリマのホテルでお願いしたので、現地の方が安いかもしれません。
他に港使用料2Sol(74円)と入島税10Sol(370円)が必要です。

朝8時と10時の二回があるようです。午後は波が高いため、午前中のみのようです。
港は観光客で一杯。一応ツアー会社ごとに並ぶのですが、会社の力関係なのか
後から来たグループが先に入ったり、もうわけがわかりません。乗船名簿も書いたり書かなかったり。
P1050404P1050403
とりあえずこんな感じの船に乗り込みます。救命胴衣は付いています。座席は左側の方が良いかも?
ガイドさんはスペイン語と英語で交互に説明してくれます。
よくあるスペイン語に比べて英語が極端に短いということもなかったです。

P1050405P1050407
青い海を進んでいきます。

P105041015分ぐらいで見えてきました。
これがカンデラブロ(=燭台)です。

約190mx70mの巨大な絵です。
スペイン人が500年前に描いたとか
ナスカの地上絵と同じプレ・インカ時代
に描かれたとかの説があり、わかっていません。

もちろん、何のために描いたのかも。
謎だらけです。

P1050411P1050412
出発してから30分ほどで

P1050414P1050415
バジェスタ島に到着です。別名「リトル・ガラパゴス」。ペンギン・アシカ・海鳥が生息しています。

P1050416P1050417
ペンギンと海鳥。

P1050426P1050425
こんな崖の上にペンギンがいて、どうするのかと思っていたら

P1050427P1050429
少しづつ、海に向かって降りていきます。最後はちゃんと海に飛び込んでいました。当たり前か。

P1050438P1050439
アシカの親が子どもの泳ぎの訓練なのか、子どもを咥えて何度も海に投げていました。

P1050445P1050447
海鳥は至る所にいます。彼らの糞は大事な資源となっています。

P1050454P1050462
アシカのコロニーもたくさんあります。

P1050463P1050464
小さくて真黒なのが子どもです。

一時間ほど見て回ってから
P1050468P1050469
港に戻ります。またカンデラブロを通ります。カンデラブロのある丘の違うサイドには工場が。

P1050471海からみたパラカスです。
こう見ると結構きれいなビーチリゾートですね。
有名ホテルもたくさんあるようです。

今回はガラパゴス諸島には時間の関係で行けないので
アシカやペンギンはこれで見納めかな。
バジェスタ島とてもよかったです。
ほかの人のブログでは臭いという話でしたが
全く気にならなかったです。
船も殆ど揺れないので、酔わなかったです。

どちらかクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

Sponsored Link

スポンサーリンク

関連コンテンツ
6.ペルー
スポンサーリンク
カメとヒヨコの海外ロングステイ

コメント

タイトルとURLをコピーしました