焼きパプリカの瓶詰

P1080560これは、パプリカを焼く専用機械Чушкопекです。
чушка(パプリカ)+пека(焼く)で
Чушкопек
ブルガリアだけでしか使われていないようです。

P1080629家には、Чушкопекがないので
バーベキューの後に焼きました。
パプリカは1Kg0.95Lv(66.5円)でした。
もうちょっとするともっと安くなると思います。

芯と種は焼く前に取ります。
取らないのが好きな人もいるらしいです。
日本で見かけるパプリカより
かなり大きくて、肉厚です。
両面をこんがり焼きます。

P1080630焼けたら、鍋に入れます。
余熱で蒸されて、皮がむきやすくなる気がします。
本当は素焼きのトロヤン焼きの鍋に入れます。

P1080631その後、皮を剥きます。
この時点でもかなりおいしいです。

P1080633皮を剥いたパプリカを瓶詰にします。
調味料の配合がわからなくて調べましたが
あまり見つからない。
ブルガリア語の焼きパプリカの瓶詰、
Печени чушки в буркани
で調べたらいくつか見つかりました。
それを参考にして
酢1/2カップ・油1/4カップ・塩と砂糖1スプーン・
水1/2カップを鍋で沸騰させたものを入れました。
水と塩だけのレシピもいくつかありました。

瓶には、パプリカ・唐辛子・粒コショウ・ニンニクを入れ、そこに上記の液を注いで、煮沸して完成。
(最後の煮沸はいらないかも)食べるのが楽しみです。

※2015年3月6日追記
約五ヶ月後に食べましたが、ちょっと油が多い感じ。もうちょっと減らしてもいいかな。

どれか1つクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
スマホ・携帯の方はこちらをクリックお願いします。

Sponsored Link

スポンサーリンク

関連コンテンツ
2014年3月-9月 ブルガリア
スポンサーリンク
カメとヒヨコの海外ロングステイ

コメント

タイトルとURLをコピーしました