PR

Android端末のスクリーンショットを撮る Android SDK

term20000-img600x514-1354198763e8rtwa32459前々回(5月)日本に帰った時に、タブレットを買いました。
いきなりiPadで使いこなせないともったいないので、
いわゆる中華タブを。安いやつでまず練習。練習。
買ったのはmomo11小鳥版というやつです。
送料を入れて15000円位でした。

サイズは9.7インチ。大体B5サイズぐらいです。
目的は自炊した本を読む事とテレビを見る事。

この記事に書いたように、テレビは「ボルカノフロー(VULKANO FLOW)」で見ています。

 ペナンで使っているのはTMのStreamyxの
 一番遅い1Mbpsの回線ですが、ほぼストレスなく見れてます。
 今は「高校入試」が面白くて毎週楽しみ。

パソコンのようにスクリーンショットが撮りたかったんだけど、やり方が分からず調べてみると、
Android端末では電源+音量(-)の同時長押しで取れる機種もあるけど、そうじゃない機種も多いみたい。
勿論、momo11では出来なかった。うん。

他の方法を調べてみたら、Android SDKをPCに入れて、PC上でスクリーンショットを撮るのがあった。
この方法だとroot取らなくても良いし、USBドライバーがない中華タブとかマイナーなものとか
殆どの端末で可能らしい。これを試してみたのでメモ。(画像はクリックすると大きくなります)
参考にしたのはこちらこちら
PCのOSはXPです。他のOSでもそう変わらないと思うけど、やってないので不明。
PCと端末を繋ぐUSBケーブルが必要です。

ここから先はマニアックなので、興味のある方のみどうぞ。
どれか1つクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ  にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

1.JAVA SDKをインストールする。
1ここの「Java Platform (JDK) 7u9」をクリック

2「Accept License Agreement」をチェック後、
XPは32ビットなので「Windows x86」をダウンロード
(64ビットなら「Windows x64」)

インストールは何も変えずに「次へ」で進めて
完了画面が表示されればOK

2.Android SDKをインストール。
3ここの「Download SDK」をクリック

4XPは32ビット。
ダウンロードされた
「adt-bundle-windows-x86.zip」を解凍する。

5-2解凍してできた「adt-bundle-windows-x86」フォルダの
「eclipse」中の「eclipse.exe」を起動。

5--1このままでOK

5-3Java-ADTが起動するので、
Windowから「Android SDK Manager」を選択

6「Android SDK Tool」と「Android SDK Platform-tools」は
既にインストールされているので
「Google USB Driver」を選択してインストール。
(中華タブやマイナーな端末でUSB Driverがない場合に必要)

3.Android SDKのパスを設定する。
78
スタート→コントロールパネル→パフォーマンスとメンテナンス→システム

910-
詳細設定タブ→環境変数 下のシステム環境変数の「新規」をクリックして出てきたウインドウに

変数名:ANDROID_HOME
変数値:D:\デスクトップ\adt-bundle-windows-x86\sdk 

を入力してOKを押す。
(変数値には、2.でできた「adt-bundle-windows-x86」フォルダ中のsdkフォルダのパスを入れる。)

69ab1b0bシステム環境変数のPathを選択して「編集」をクリック
変数値に
 ;%ANDROID_HOME%\tools;%ANDROID_HOME%\platform-tools
を追加する。前に書いてあるのは消さない。
必ず;(セミコロン)を前に付ける。

4.USB Driverをインストール
device-2012-12-07-233727Android端末の「設定」→「開発者向けオプション」→
「USBデバッグ」と「スリープモードにしない」をチェックする。

112a67b2ca

Android端末をPCとUSB接続して、
スタート→コントロールパネル→パフォーマンスとメンテナンス→システム→
ハードウェア→デバイス マネージャを見ると
?その他のデバイスで、?Androidが表示される。

9a9ac6dd      14
?Androidで右クリックして プロパティ→詳細を見ると、
デバイス インスタンス IDが表示される。このVID8D1&PID_0003が必要。
これがAndroid端末の機種によって違うらしいけど、
これさえ分かればどんなタブでも応用可らしい。

1516
adt-bundle-windows-x86→sdk→extras→google→usb_driver→android_winusb.inf をメモ帳で開く。
[Google.NTx86]の所に

 ;MOMO11
 %SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID8D1&PID_0003
 %CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID8D1&PID_0003&MI_01

を書き込む。ピンク色の部分が先程のデバイス インスタンス ID。
(OSが64ビットなら、[Google.NTamd64]の所)MOMO11の所は別に何でも良いみたい。

1718

Androidのプロパティに戻って 「全般」タブ→ドライバの再インストール

1920
検索場所にさっき更新した「android_winusb.inf」があるフォルダを指定する。

21ea3314bd
USBドライバがインストールされる。
デバイスマネージャ上で「Android Composite ADB Interface」と表示されてればOK

5.スクリーンショットを撮る
2324

adt-bundle-windows-x86→sdk→tools→ddms.batをダブルクリックして少し待つ。
MS-DOS画面が開きDalvik Debug Monitorが起動する。(MS-DOS画面は閉じない)
「Device」→「Screen capture」でスクリーンショットが撮れる。撮ったらセーブ

device-2012-12-07-191311こんな感じ。

どれか1つクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ  にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

Sponsored Link

スポンサーリンク

関連コンテンツ
パソコン・ネット・携帯電話
スポンサーリンク
カメとヒヨコの海外ロングステイ

コメント

タイトルとURLをコピーしました