ブルガリアで初歯医者さんに行きました 2018年8月のこと

今年のことは大体書いたので、まだ書いていない2018年8月に戻ります。

 ブルガリアで初歯医者さんに行きました

母の奥歯が一部欠けてしまった(ピーナッツ強い)ので、歯医者さんに行きました。
カザンラクにはたくさんの歯医者さんがあるのですが、どこが良いのかも分からないので
近所の人にどこが良いのか教えてもらって行ってみました。

DSCN9937

このドアはアパートの入口なのですが、この中にあります。
赤いプレートにД-р МИНЕВА(ドクターミネヴァ)зъболекар(歯科医)と書いてありますが
教えてもらわなければ絶対わからないな、これ。
右の白いシャッターのところも歯医者なのですがこちらはミネヴァ先生の息子さんの歯科医で
平日はソフィアで開業しているので、こちらは週末のみの営業だそうです。

DSCN9936

ドアを開けると階段が。まっすぐ行って先のドアを出ます。

DSCN9926

ドアの先は中庭になっています。アパートがこのような作りになっているとは知らなかった~。
さらに先に進むと

DSCN9925

その先に緑の建物が。

DSCN9924

ここが診療室になっていました。教えてもらわなければぜったにたどり着けないな。

DSCN9923

シンプルな待合室です。

DSCN9930

中をちょっと撮らせてもらいました。丁寧で優しい女医さんでした。
設備は日本より古いものですが、清潔に保たれています。
応急処置で欠けたところに詰め物をしてもらい、レントゲン撮影をします。
といっても、ここにはレントゲンはないのでほかの病院に撮影にしに行きます。

DSCN9890

場所は全然わからなかったのですが、たまたま来ていた先生のお友達が連れて行ってくれました。
皆さん親切で嬉しい限りです。
ここにはたくさんの人がレントゲンを撮りに来ていました。歯科だけでなく骨折の人とかも。
小さな病院はレントゲンの機械を入れるとコストもメンテナンスも大変なので
患者は少し不便ですが、このような方式だと小さな病院は負担が少なくて良いのかもしれません。
レントゲン代は5Lv(325円 @65)でした。レントゲン写真はその場でくれました。
3日後にレントゲン写真を持って再診。虫歯等の問題がなかったので、仮の詰め物は取り除いて
セラミックの詰め物をして、完了しました。お代は2回分合わせて30Lv(1950円)でした。
無保険でこの値段はかなり安いと思います。技術も問題なく、後で日本の歯科で見てもらいましたが
全く問題ないといわれました。今も問題は出ていません。
ソフィアの大きな病院に行ったほうが良いのか、日本で治療したほうが良いのか悩みましたが
カザンラクで良い歯科医に行けて良かったです。

どれか1つクリックお願いします。
 easteurope88_31 semiretire88_31 longstay88_31 

Sponsored Link

コメント

  1. K より:

    歯科医療代が異常に安いですね。ビックリしました。技術も問題なく立派ですね。日本には未熟な歯科医もいるので関心しました。

  2. bunji_ より:

    >Kさん
    保険なしで、日本の保険ありの1回分より安いですよね
    日本と同じく、たくさんの歯科医が開業しているので
    全ての歯科医の技術が高いのかはわかりませんが
    良いところを教えてもらえたので良かったです。

  3. cachaca より:

    治療費がそんなに安いとカードの旅行保険を使うほどでもないですね。
    旧共産圏の医療費は安いですよねー。つれあいが大腿骨骨折手術をしたプラハも安かったですし、手術の腕も日本の整形外科3カ所で上手だと言われました。
    その歯科医の場所で、米国の歯科医を思い出しました。歯科はその他の医療機関と別ということもあり、ウチが住んでいた町では古い民家の中庭を通った先にありました。よく似た雰囲気です。でも米国の治療費は数百倍高いです。

  4. bunji_ より:

    >cachacaさん
    医療費が安いのは助かります。
    以前ソフィアの徳田病院に行ったときは3回の通院で
    交通費込みで1万円ぐらいでした。
    私立病院で無保険でこの値段はかなり安いとおもいます。簡単なものですが、検査費も込みで。
    ブルガリア人にとっては高い金額だと思いますが。。。
    しかし、EUに加盟してからは腕の良い医者はどんどん流出して行っているようです。
    医師免許はEU内で共通ですし、ドイツなどに行けば数倍稼げますからね。
    医師に限らず出稼ぎは普通みたいです。そして帰ってきてブルガリアで豪邸を建てる。みたいな
    逆に安い学費でEUの医師免許が取れるので東欧の医学部留学は密かな人気のようです。
    学費無料のキューバ留学より東欧の方が心理的に来やすいのかも?
    アメリカは訴訟対策費用も入っての高額医療費だと言われていますが、それでも高すぎですよね。
    医師の給料も馬鹿高いわけでもなさそうですし。
    旅行で行くときは無制限の保険を掛けないと怖いですね。

  5. Keiichi より:

    >EUに加盟してからは腕の良い医者はどんどん流出して行っているようです。
    セルビアでは、医者がどんどんドイツに出て行ってるそうですが、
    歯医者はそんなに出て行ってないそうです。
    なんでかな?
    と思うのですが、
    セルビアでは、腕の良い医者はもういないけれど、
    腕の良い歯医者はたくさんいると聞きました。
    >安い学費でEUの医師免許が取れるので東欧の医学部留学は密かな人気のようです。
    今や、国際的な視野でいろいろ考えることのできる時代ですね。
    いつも、貴重な情報、ありがとうございます!

  6. bunji_ より:

    >keiichiさん
    そうなんですか。歯科医と医師はなにが違うんですかね
    ドイツでも歯科医が余ってるとかあるんですかね。
    東欧で医師免許は日本での就職(日本の医師免許取得)が大変そうですが、EUで就職するなら有利ですね。
    勿論勉強は大変でしょうが。授業で使う英語だけでなく、
    病院実習では現地語も必要らしいですから。

タイトルとURLをコピーしました