マルタ旅行1日目 ヴァレッタ観光

1日目はヴァレッタを観光しました。

2016-09-29_04h09_52

ヴァレッタの場所はこちら。マルタ共和国の首都です。
泊まっているメーリッハからバスで行ったのですが、10時頃にバスに乗って到着したのは11:30過ぎ。
マルタ島のバスは、色々なところをグルグル回っているので時間がかかる。
しかも、道が細いので渋滞が頻繁に起こります。バスも観光客で混み混み。
うーん、これはもっと早く出ないとダメだな。

DSCN5985

ヴァレッタ行きのバスが到着するのがこの巨大な噴水です。
今のところ水が出ているのは見たことがありません。夏のピークのときは出てるのかな?

DSCN6047

殆どのバスがバレッタ行きで、この噴水前が終点なのでここには沢山のバスが集まります。

2016-09-29_04h24_03

ヴァレッタの地図はこんな感じ。

DSCN5986

ヴァレッタの中心へ入ります。この門を越えると中心街です。

DSCN5987

門を超えたところ。ここを右に行くのが正解だと思いますが、左に行ってしまいました。。。

DSCN5988

雑貨を売るお店が出ていました。このお店はお昼過ぎには撤収していました。

DSCN5990

ビルの横の彫刻がスゴイです。

DSCN5992

ヴァレッタの街は急な坂でできています。歩くのは結構大変。

DSCN5994

ヘイスティングス ガーデンの入り口です。

DSCN5995

ヘイスティングス ガーデンの中はこんな感じになっていて
ベンチもあるのでのんびりできます。しかし、マルタは9月下旬なのに暑い。
ペチカをつけていたシプカ@ブルガリアとの温度差がスゴイです。

2016-09-29_04h34_16

ヴァレッタの北側はこんな感じになっています。

DSCN5996

西の方を見た図。Ta Xbiexという町かな?

DSCN6000

マノエル島には神殿?のようなものが見えます。人影がまったくなかったので立入禁止なのかな?
その対岸はスリーマ(Sliema)の町です。どこも海岸沿いはリゾート化しているようです。

DSCN6001

湾はどこもヨットハーバーになっている感じです。

DSCN6004

公園の横にある、ヴァレッタ銀行(Bank of Valleta)です。

DSCN6005

海岸沿いを歩いて来ました。下に見える白い建物は警察だそうです。
このあたりから、対岸のスリーマ(Sliema)へ船が出ています。

DSCN6007

このあたりの道路はタイヤで磨かれてツルツルになっていました。

DSCN6010

ヴァレッタの中心側を見た図。

DSCN6013

ヴァレッタの突端はこんな感じで城壁に囲まれています。

DSCN6020

もうちょっと奥まで歩いて来ました。

DSCN6021

ここは馬車の停留所です。馬車の料金は決まっていてこの看板に書いてあります。
最初の30分が35ユーロ、次の15分が15ユーロだそうです。こういうスタンドがたくさんあります。

DSCN6024

馬車がいるときはこんな感じで、屋根を引き出します。

DSCN6023

ヴァレッタの中にもアパートがあって住んでいる人がいます。
ガスはプロパンのようです。タンクをこんな直射日光の当たる場所において大丈夫なのだろうか?
予備じゃなくて、空なのかな?

DSCN6025

ヴァレッタのの先端に到着しました。
この先は戦争博物館に入らないと、行けないようです。

DSCN6026

近くにはレストランがありました。

DSCN6027

このレストランでは、ポケモンGOのレベルによって、割引してくれるそうです。
まだレベル25なので、15%割引だな~。

DSCN6032

外周ではなく、中心を通って帰ります。
このお店は銀細工のお店です。マルタは銀細工が有名だそうです。

DSCN6037

どこのレストランも外にテーブルを出して大盛況です。

DSCN6045

このアイス屋さんは、チョット写真が分かりづらいですが
三種類注文すると、入口左側の写真のように薔薇の形に盛り付けてくれます。

DSCN6039

ヴァレッタはマルタ観光の中心地なので、どこもかしこも人がたくさんいます。
田舎から出てきた私達はちょっと疲れてしまいました。ヴァレッタの半分(以下)しか見ていませんが
帰ることにしました。残りは後日観光する予定です。

どれか1つクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

Sponsored Link

コメント

  1. cachaca より:

    昨日友達(夫がイギリス人)とランチしてたら、マルタにいこうかと思ってると言ってました。英語圏(元英国領)なので、日本の某大学(夫勤務)が学生の英語研修旅行先に考えてるそう。でもアフリカに近いからテロの危険があると反対の声が大きいとのこと。
    マルタといえば「エロイカ」の場面になっていて、猫だらけの街だって(爆)
    友達はローマ遺跡が多いと言ってたけど、私にはマルタ騎士団のイメージのほうが大きいです。

  2. bunji_ より:

    >cachacaさん
    結婚記念日おめでとうございます。こんなところですみません。
    マルタ英語留学が流行っているみたいですね。
    海岸沿いはかなりリゾート開発されていて、観光客もたくさんいて私たちにはちょっと忙しすぎました。
    昨日ゴゾ島に行きましたが、のんびりするのなら、マルタ島よりゴゾ島のほうが良いかもしれません。
    アフリカ系の人は確かに多くいるようで、かなり沢山の人を見かけました。
    浜辺などで民芸品やサングラスを売っている人とかも多いですね。
    猫は思ったより少なかったです。いっぱいいるところがあるのかもしれませんが
    私達が行ったところではそんなに多いという印象は受けませんでした。
    マルタ騎士団関係が好きな人や教会などを見たい人にはとてもいいと思います。
    教会が多すぎて見て回るだけでも結構大変です。

タイトルとURLをコピーしました