アルハンブラ宮殿の予約にはグラナダカードがオススメ

グラナダと言えばアルハンブラ宮殿ですが、アルハンブラ宮殿の入場チケットはゲットするのが大変です。

 まずは公式サイトで予約を試みます

2019-09-30_19h24_41

チケットは公式サイトで予約することができます。

2016-04-27_01h32_57

アルハンブラ宮殿の見どころはヘネラリフェ・ナスル宮殿・アルカサバの三箇所に分かれています。
このうち、ナスル宮殿に入場制限が設けられていて、この予約を取る必要があります。
それ以外の場所は、宮殿の予約に合わせて午前か午後に入ることができます。

2019-09-30_19h34_12

しかし、この予約がなかなか取れないのです。赤はすべて売り切れです。
一ヶ月以上先までいっぱいなのです。

ということをグラナダに行く3日ぐらい前に知った私達。
うーん、どうするかな?

当日券もありますが、売り出しは8:30から。
その数時間前から並ぶのが普通らしい。
そんなの嫌だ~というわけで色々探してみると

-4RBdgGPl7

グラナダカードというものを発見。

 グラナダカードならアルハンブラ宮殿の予約ができた

2016-04-26_22h29_22

アルハンブラ宮殿(15.4ユーロ)
大聖堂・王室礼拝堂(4ユーロ)
カルトゥーハ修道院(4ユーロ)
サンジェロニモ修道院(4ユーロ)
サイエンスパーク博物館(7ユーロ)
グラナダ博物館の入場と(4ユーロ)
5回のバス乗車(1.2×5=6ユーロ)がついて、トータル44.4ユーロが33.5ユーロ。3日間有効です。
更に4ユーロ上乗せで、バスが9回と観光バスの乗車一回が付くプラスカード(5日間有効)もあります。
そしてここが重要ですが、アルハンブラ宮殿の予約がかなりギリギリでも取れます。
直接インフォメーションでも買えるようですが、ネットで予約したほうが安心です。方法は、

2016-04-27_04h39_29

こちらから購入をクリック。

1

使い始めの日とベーシックかプラスか、枚数を選びます。

7

ナスル宮殿の入場時間を選択します。一般予約では売り切れだった日も予約できました。
日付にもよりますが、私がやった時は翌日でも予約可能でした。

8

支払いはカードで。バスの予約では使えなかった、日本発行のカードも使えました。

6

支払いが済むと、予約番号が表示されます。(メールでも送られてきます。)
これを持って受け取り場所へ行けばOK。

2016-04-27_02h26_50

受け取れるのは
市庁舎のツーリストインフォメーション
エル・コルテ・イングレス
サイエンスパーク博物館の3箇所です。

 グラナダカードの受け取り

DSCN4285

市庁舎です。この日は生憎の雨でしたが、明日の予約なので取りに行きました。

※ナスル宮殿の予約時間によっては、当日朝受け取ってから行くことも可能ですが
私たちは朝8:30の予約だったので前日に受け取る必要がありました。
(どこも朝10時からしか受け取れないのです。当日受け取りの場合は10:30がギリギリ間に合うかな?)

DSCN4284

入り口を入って正面。この左側にツーリストインフォメーションがあります。

DSCN4283

こちらのツーリストインフォメーションで、先ほどの番号を伝えればその場でカードを貰えます。
カードには表面に申込者の名前と裏面に予約の日時が記載されています。
これで、アルハンブラ宮殿を見ることができます。

どれか一つクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました