バラの谷でバラ摘みをしました

2019年ブルガリア

6月中旬の話ですが、
友人がカザンラク郊外のバラ畑に連れて行ってくれました。

2019-07-20_01h45_35

カザンラクからゴルノ・チェルコヴィシュテ(Горно Черковище)という村に行く道沿いにあります。

DSCN9996

見渡す限りダマスクローズの畑です。

DSCN9997

たくさんの花が咲いています。

DSCN0003

もう開いてしまっているので、香水には使えないのかな?

DSCN9999

たくさん咲いたままになっていますね。
バラを摘むのは主にロマの人がやっているのですが、友人によると今年はロマの人に政府から
給付金があったので、働く必要がなくなってバラを摘む人手が足りないようです。
朝5時から11時頃までで約20Kg摘んで、1kg1Lv(60円)で1日20Lv(1200円)
結構な重労働の割には報酬が少ないので、お金があったらやりたくない仕事かも?

DSCN9960

たくさんもらってきました。部屋中良い香りです。
広げて乾かします。

DSCN9963

数日でこんなに小さくなりました。やはり結構乾燥しているなぁ。
ついでにほかのバラも乾燥してみました。

DSCN9981

最終的にこんなに小さくなりましたが、さすが香水用のバラですね。香りは継続しています。


どれか1つクリックお願いします。
 easteurope88_31 にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ longstay88_31 

スポンサーリンク

関連コンテンツ
2019年ブルガリア
スポンサーリンク
カメとヒヨコの海外ロングステイ

コメント

  1. cachaca より:

    ダマスクローズの香りが漂ってきそうです。ポプリにして衣装ケースとかに入れるといいでしょうね。
    バラを積む単純労働はやはり誰もやりたがらないんですね。トゲもあるし。
    ラキアですが、「アルコール度が40%ぐらいあってそのまま飲む」。
    ウチが毎日飲むカクテル用のお酒はは全部40度です(爆)
    ミックスするお酒も40度か20度以上だし、氷を入れるにしてもシェイクの時だけで、グラスには顔織はないので、ほぼ40度のままですよ(笑)
    グラッパも40度でした。バラのも飲んでみたいですね。

    • bunji_bunji_ より:

      >cachacaさん
      バラを摘むのはやはり大変なわりに稼げない気がします。
      それに、一か月ぐらいしかできないので安定収入でもないですしね。
      cachacaさんは強いお酒を飲んでいるんですね。
      ブルガリア等、東欧に来た時には是非ラキアを試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました